『源氏物語』参考文献
『長恨歌』現代語訳
『古事記』現代語訳
『源氏物語玉の小櫛』現代語訳
『和泉式部日記』現代語訳
『和泉式部集〔正集〕』現代語訳
『和泉式部集〔続集〕』現代語訳
『赤染衛門集』現代語訳
『清少納言集』現代語訳
『藤三位集』現代語訳
『蜻蛉日記』現代語訳
『枕草子』現代語訳
『枕草子』清少納言
第一段
 春はあけぼの。だんだん白くなっていく山の上の空が少し明るくなって、紫っぽい雲が細くたなびいている。
 夏は夜。月がある頃は言うまでもない。闇夜もやはり、蛍がたくさん入り乱れて飛んでいる。それに、一つか二つだけが、かすかに光って飛んで行くのも素敵。雨なんか降るのも素敵。
 秋は夕暮。夕日がさして山の端にとても近くなっているところに、烏が寝る所に帰るというので、三つ四つ、二つ三つが急いで飛んでゆくのさえしみじみとした感じ。まして雁などが列をつくっているのが、ひどく小さく見えるのは、とても趣がある。日が沈んでしまって、風の音や虫の音などもまた、言うまでもない。
  冬は早朝。雪が降っているのは言うまでもなく、霜がとても白いのも、またそうでなくてもひどく寒いので、火など急いで起こして、炭火を持って運んで行くのも、冬の早朝にふさわしい。昼になって、寒さがだんだん緩んでいくと、火鉢の火も、白い灰ばかりになってよくない。
第二段
  季節は、正月、三月、四月、五月、七、八、九月、十一、二月、すべてその時々によって、一年中おもしろい。
 正月一日は、まして空の様子もうららかに清新で、霞がかかっているところに、世の中の人は、誰もみな、身なりや顔を格別に装って、主人をもじぶんをも祝ったりなどしているのは、ふだんとは違っておもしろい。  
 七日、雪の消えた所で若菜を摘んで、青々としているのを、ふだんはそんなものを見慣れない所で、もてはやして騒いでいるのはおもしろい。節会の白馬を見に行こうと思って、宮仕えをしないでいる人は牛車を美しく飾り立てて見物に行く。中の御門(待賢門)の敷居を車が通り過ぎるときに、みなの頭が一所に揺れてぶつかり、挿している櫛も落ちて、そんなことになるとは用心していなかったので、折れたりなんかして笑うのもまたおもしろい。左衛門府の警備の役人の詰め所のあたりに、殿上人などが大勢立って、舎人の弓を取って馬を驚かして笑っているのを、牛車の簾の隙間からわずかに覗いて見ると、立蔀(たてじとみ)など見えるが、そのあたりを主殿司(とのもりづかさ)や女官などが行ったり来たりしているのはおもしろい。
〈どのような幸運のもとに生まれた人が、宮中で馴れ馴れしくできるのだろう〉
 と思われるのだが、宮中でこうして見るのは、かなり狭い範囲だから、舎人の顔は地肌が見えて、本当に黒いうえに、白粉(おしろい)が行きわたらない所は、雪がまだらに消え残っているような感じで、ひどく見苦しく、馬が跳ねて暴れているのもひどく恐ろしく思われるので、自然と体が奥へ引っ込んでしまって、よく見ることができない。  
 八日、加階した人がお礼を申し上げるために走らせる車の音が、いつもと違って聞こえて、おもしろい。  
 十五日、粥の祝い膳をご主人にさし上げ、その粥を炊いて燃え残った木を隠していて、年配の女房や、若い女房が打とうと隙きを狙っているが、
〈打たれないわよ〉  
 と用心して、いつも後ろに気を配っている様子もとてもおもしろいが、どんなふうにしたのだろう、相手の尻をうまく打ちあてたときは、とてもおもしろく、みなが大笑いしているのは、とても華やかで陽気。打たれた人が悔しがるのももっともだ。  
 新しく通って来る婿君などが宮中に参内する頃を、わくわくして、その邸では、
〈わたしなら大丈夫〉  
 と思っている女房が、物陰から覗いて、今か今かと、奥の方でじっと立っているのを、姫君の前に座っている女房が気づいて笑うのを、
「しっ、静かに」  
 と手で合図して止めるけれども、姫君は気づかない様子で、おっとりと座っていらっしゃる。
「そこにあるものを取りましょう」  
 などと言って近づき、走り寄って姫君の尻を打って逃げると、そこにいた者はみな笑う。婿君も、まんざらでもなく微笑んでいるのに、姫君は別に驚きもしないで、顔を少し赤らめて座っているのもおもしろい。また、女房同士打ち合って、男の人まで打つようである。いったいどういうつもりなのだろう、打たれて泣いたり腹を立てたり、打った人を呪ったり、不吉なことを言う女房もいるのが、おもしろい。宮中あたりなどの高貴な所でも、今日はみな無礼講で遠慮がない。
 除目(じもく)の頃など宮中のあたりはとてもおもしろい。雪が降りひどく凍っているのに、上申(じょうしん)の手紙を持ってあちこちしている四位や五位の人が、若々しく、元気がよさそうなのは、とても頼もしそう。年老いて頭の白い人などが、人に取り次ぎを頼んで、女房の局などに立ち寄って、自分自身が優れているわけなどを、ひとりよがりに熱心に説明して聞かせるのを、若い女房たちは真似をして笑っているけれども、本人はそんなこと知るはずもない。
「よろしく帝に申し上げてください、皇后さまにも」  
 などと言っても、望みの官を得た人はとてもいいが、かなわなかった人は、あまりにも気の毒。  
 三月三日は、うららかにのんびりと日が照っていなくては。桃の花が今咲き始めたところ。柳などのおもしろい風情は言うまでもない。それもまだ、繭のように芽ぐんだばかりなのが素敵、葉が広がっているのは嫌な感じに見える。晴れやかに咲いた桜を、長く折って、大きな花瓶に挿してあるのは素敵。桜襲の直衣に出袿をして、それがお客様でも、ご兄弟の君たちでも、その近くに座ってお話なんかしているのは、とても素敵。  
 四月、賀茂祭の頃がとても素敵。上達部や殿上人も、袍の色が濃いか薄いかの区別があるだけで、それぞれの白襲も同じ様子で、涼しそうに見えて素敵。木々の木の葉がまだそれほど繁っていなく、若々しく青みがかっているところに、春の霞も秋の霧もさえぎらない初夏の澄んだ空の景色が、なんということもなく無性に趣のあるころに、少し曇ってきた夕方や夜などに、まだ密かに鳴くほととぎすが、遠くで、
〈聞き違いかしら〉  
 と思われるくらいか細い声で鳴くのを聞きつけた時は、どんな気持ちがするのだろう。  
 祭の日が近くなって、青朽葉や二藍の布地を巻いて、紙などにほんの形ばかり包んで、行ったり来たり、持って歩いているのって素敵。裾濃、むら濃に染めた物も、いつもより素敵に見える。女童が頭だけ洗って手入れして、服装はほころびて縫い目が切れて、ぼろぼろになりかかっているのもいるが、そんな子が屐子(けいし)や沓(履物)などの、
「鼻緒をすげて」
「裏を直して」  
 などと騒いで、
〈早くお祭りにならないかな〉  
 と、はしゃぎまわるのもとてもおもしろい。変な格好をして飛んだりはねたりしている子どもたちが、祭の日に衣裳を着て着飾ると、まるで法会の時の定者(じょうざ)などという法師のように練り歩く、どんなに不安なことだろう。身分に応じて、親やおばにあたる人、姉などがお供をして、世話をしながら連れて歩くのもおもしろい。  
 蔵人(くろうど)になりたがっている人で、すぐにはなれない人が、 祭の日に青色の袍を着ているのを、
〈そのまま脱がせないでおいてあげたい〉  
 と思われる。綾織でないのはよくないけれど。
第三段
 同じことを言っても、聞いた感じの違うもの。法師の言葉。男の言葉。女の言葉。身分の低い者の言葉には、必ずよけいな言葉がつく。
第四段
 可愛がっている子を僧にするのは、本当に気の毒。世の人が僧を木の切れっ端のように思っているのは、とてもかわいそう。精進物のひどく粗末な食事をして、寝るにしても、若い人は、好奇心だってあるだろう。女などのいる所でさえ、どうして嫌がっているように、覗かないことがあるだろうか。それさえも世間ではうるさく言う。まして修験者などは、ひどく苦しそう。疲れてうとうとすると、
「居眠りばかりして」
 などと非難されるのも、ひどく窮屈で、どんなに辛いことだろう。でも、これも昔のこと。今はずっと気楽なようだ。 
第五段
 大進(だいじん/中宮職の三等官)生昌(なりまさ/平生昌)の家に、中宮(定子)様がいらっしゃるというので、東の門を四本柱の門に作り変えて、そこから中宮様の神輿はお入りになる。北の門から女房たちの牛車も、
〈まだ警護の武士がいないから入れるだろう〉  
 と思って、髪の乱れた人もたいして手入れもしないで、
〈車を建物に寄せて降りるから〉  
 と思って気にしないでいたところ、檳榔毛(びろうげ)の車などは、門が小さいから、つかえて入ることができないので、例によって筵道(えんどう/敷物)を敷いて降りなければならないので、実に憎らしく、腹立たしいけれども、どうしようもない。殿上人や地下の役人たちも、陣屋のそばに立って見てるのもひどく癪にさわる。  
 中宮様の御前に行って、さきほどのことを申し上げると、
「ここでだって、人が見ないことがあるの。どうしてそんなに気を許したの」  
 と、お笑いになる。
「でも、ここではわたしたちを見慣れていますから、きちんとした格好をしてたりしたら、かえって驚く人もいるでしょう」
「それにしても、これほどの家で、車が入らない門があるかしら。見えたら笑ってやるわ」  
 などと言っているときに、
「これをさしあげてください」  
 と言って、生昌が中宮用の硯などを御簾の中にさし入れる。
「まあ、あなたってずいぶんひどい人ね。どうしてあの門を狭く造ってお住みなの」  
 と言うと、生昌は笑って、 「
家の程度、身のほどに合わせているのです」  
 と答える。
「でも、門だけを高く造った人もいたのよ」  
 と言うと、
「ああ怖い」  
 と驚いて、
「それは于定国(うていこく)の故事のことではないですか。年功を積んだ進士(漢文の専門家)などでなかったら、うかがってもわからないことです。わたしはたまたま漢学の道に入りましたから、これくらいのことは理解できるのですが」  
 と言う。
「あなたのおっしゃる『道』というのもたいしたことなさそうね。筵道を敷いてあっても、みな穴に落ちて大騒ぎでしたよ」  
 と言うと、
「雨が降りましたので、そんなことになったのでしょう。 いやあこんな答え方では、またなにか言われそうですね。失礼します」  
 と言って立ち去った。
「どうしたの。生昌がひどく怖がっていたじゃない」  
 とお尋ねになる。
「なんでもありません。車が入らなかったことを言ったのでございます」  
 と申し上げて局に下がった。  
 同じ局に住む若い女房たちと一緒に、なんにも知らないで、眠たいので、みな寝てしまった。局は東の対屋の 西の廂の間で、北に続いているが、その北の襖障子には掛け金がなかったのを、それも確かめなかった。生昌はこの家の主人だから、それを知っていて襖を開けた。妙にしわがれた騒々しい声で、
「お伺いしてもいいですか、お伺いしてもいいですか」  
 と何度も言う声で、目がさめて、見ると、几帳の後ろに立ててある灯台の光が明るく照らしている。襖障子を五寸ほど開けて言っていた。ひどくおかしい。
〈まったくこういう好色めいたことは決してしない人なのに、中宮様がじぶんの家にいらっしゃったというので、むやみに勝手気ままなことをしているのだろう〉
 と思うと、実におかしい。
 そばにいる人を揺すって起こして、
「あれを見て。あんな見たことがない人がいるみたい」  
 と言うと、頭を持ち上げて向こうを見て、ひどく笑う。
「あれは誰よ、厚かましい」  
 と言うと、
「いえ、家の主人としてご相談したいことがあるのです」  
 と言うので、
「門のことなら申し上げましたが、
『襖を開けて』  
 なんて申し上げたでしょうか」  
 と言うと、
「やはり、そのこともお話ししましょう。そちらに行ってもよろしいですか、そちらに行ってもよろしいですか」  
 と言うので、
「みっともないったらないわねえ。お入りになれるわけないでしょう」  
 と言って笑ったのがわかったのか、
「若い人がいらっしゃったのですね」  
 と言って襖を閉めて去ったのを、後でみんなで大笑い。
〈襖を開けたのなら、ただ入ってくればいい。
『そちらに行ってもよろしいですか』  
 なんて言われて、
『いいですよ』  
 なんて誰が言うものか〉
 と、おかしくてたまらない。翌朝、中宮様の御前に参上して申し上げると、
「そんな浮いた噂は聞かなかったのにねえ。昨夜の門のことに感心して行ったのでしょう。かわいそうに、生真面目な人をいじめたりしたら気の毒よ」
 と言ってお笑いになる。ちょっと用事がとだえていた時に、
「大進が、ぜひお話したいと言っている」
 と言うのをお聞きになって、
「またどんなことを言って笑われようというのかしら」
 とおっしゃるのも、またおもしろい。
「行って聞きなさい」  
 とおっしゃるので、わざわざ出て行くと、
「先夜の門のことを中納言(生昌の兄、平惟仲)に話しましたら、とても感心されて、
『ぜひ適当な機会にゆっくりお会いしてお話をしたりうかがったりしたい』  
 と申していました」  
 と言って、ほかに話があるわけでもない。
〈先夜訪ねてきたことを話すのかしら〉  
 と胸がどきどきしたけれど、
「そのうちゆっくりお部屋に伺いましょう」  
 と言って立ち去るので、宮様の所に戻ると、
「ところでなんだったの」  
 とおっしゃるので、生昌が申したことをこれこれと申し上げると、
「わざわざ取り次がせて、呼び出すようなことではないわね。たまたま端近とか局などにいる時に言えばいいのに」  
 と言って女房が笑うので、
「じぶんが
『優れている』  
 と思っている人(惟仲)があなたを褒めたので、
〈嬉しく思うだろう〉
 と思って、知らせに来たのでしょう」
 とおっしゃるご様子も、とても立派だ。
第六段
 帝のおそばにいる猫は、五位をいただいて、「命婦のおとど」と呼ばれ、とても可愛いので、帝も大切にしていらっしゃるが、端近に出て寝ているので、お守役の馬命婦(うまのみょうぶ)が、
「まあお行儀の悪い。お入りなさい」  
 と呼ぶが、日がさしている所で眠ったままなので、おどかそうと、
「翁(おきな)まろ(犬の名)、どこなの。命婦のおとどを噛め」  
 と言うと、本当と思って、馬鹿正直な翁まろが飛びかかったので、猫は怯え、あわてて御簾の中に入った。朝食の食卓に帝がいらっしゃった時で、ごらんになって、ひどく驚かれる。猫を懐にお入れになって、男たちをお呼びになると、蔵人の忠隆と、なかなりがやって来たので、
「この翁まろを打って懲らしめて、犬島(野犬の収容所)へ追放しろ、今すぐに」  
 とおっしゃるので、みなが集まって大騒ぎして追い立てる。帝は馬命婦をも叱られて、
「お守役を変えてしまおう。心配でならない」  
 とおっしゃるので、馬命婦は御前にも出ない。犬は捕まえて、滝口の武士などに命じて、追放なさった。
「ああ、今までは体を揺すって得意そうに歩きまわっていたのに。三月三日に、頭弁(とうのべん)(藤原行成)が、柳の飾りを頭にかぶせて、桃の花を挿させて、桜の枝を腰にさしたりして、歩かせられた時は、こんな目にあうとは思わなかっただろう」  
 などと同情する。
「皇后様(定子)のお食事の時は、必ずこっちを向いて待ていたのに、ほんとうに寂しいわねえ ※彰子が中宮になったので、ここから定子を皇后と記述する」  
 などと言って、三、四日経った昼頃、犬がひどく鳴く声がするので、
〈どんな犬がこんなに長く鳴くのだろう〉  
 と思って聞いていると、たくさんの犬が様子を見に走っていく。御厠人(みかわようど)(便所の下級女官)の女が走って来て、
「もう大変。犬を蔵人二人で叩いているの。死んでしまうわ。犬を島流しになさったというのが、帰って来たというので、懲らしめていらっしゃる」  
 と言う。心配なことだ。翁まろらしい。
「忠隆と実房などが打っている」  
 と言うので、止めに行かせると、ようやく鳴きやみ、
「死んだので、陣の外に引っ張っていって捨てた」  
 と言うので、
〈かわいそうに〉  
 などと思っている夕方、ひどく腫れ上がり、汚らしそうな犬で、苦しそうなのが、ぶるぶる震えて歩くので、
「翁まろなの。この頃こんな犬は歩いてはいない」  
 と言って、
「翁まろ」
 と言っても、聞きもしない。
「翁まろよ」
 とも言い、
「違うわよ」  
 とも口々に申すので、
「右近なら見分けがつくわ。呼びなさい」  
 と言って、皇后様がお呼びになると、やって来た。
「これは翁まろなの」  
 と言ってお見せになる。
「似てはいますが、これはあまりにも醜く気味悪そうです。それに、翁まろなら、
『翁まろ』  
 と呼びさえすれば、喜んでやって来るのに、呼んでもやって来ません。違うようです。翁まろは、
『殴り殺して捨ててしまいました』  とはっきり申していました。二人で殴ったのなら生きているでしょうか」  
 などと申し上げるので、皇后様はかわいそうに思われる。  
 暗くなって、食べ物を与えたが、食べないので、違う犬ということにしてしまった翌朝、皇后様は髪をとかしたり、顔や手を洗ったりして、わたしに鏡を持たせて髪の様子をごらんになっていると、犬が柱の下にいるのをわたしが見て、
「ああ、昨日は翁まろをひどく殴ったのね。死んでしまったなんてかわいそう。何に今度は生まれ変わるのかしら。どんなに辛かったことだろう」  
 となにげなく言うと、その柱にいた犬がぶるぶる震えて、涙をひたすら流すので、あまりにも意外なことに、それは翁まろだった。
「昨夜は隠れて我慢していたのね」  
 と、かわいそうなばかりか、素晴らしいことこの上ない。持っていた鏡を置いて、
「じゃあ、翁まろなのね」  
 と言うと、頭を下げてひどく鳴く。皇后様もとてもびっくりしてお笑いになる。右近の内侍をお呼びになって、
「こういうことなの」  
 とおっしゃるので、みんなで笑って騒いでいるのを、帝もお聞きになって、こちらへお越しになった。
「驚いたね、犬なんかでも、このような心があるんだなあ」  
 とお笑いになる。帝付きの女房なども、これを聞いて集まって来て、名前を呼ぶと、今は立って動く。
「やはり、この顔なんかが腫れているのを手当てさせなくては」  
 とわたしが言うと、
「ついに翁まろびいきを白状したわね」
 などと女房たちが笑うので、忠隆が聞いて、台盤所の方から、
「そういうことだったのですか。そいつを拝見しましょう」  
 と言ってきたので、
「まあ、とんでもない。そんなものは絶対にいない」  
 と言わせると、
「そうおっしゃっても、いつか見つける時もあるでしょう。そういつまでもお隠しになることはできない」  
 と言う。  
 さて、その後お咎めも許されて、翁まろはもとのような身分になった。それにしても、かわいそうに思われて、震えて泣きながら出て来た時は、世間に比類がないほどおもしろく、感動的だった。人間なら、人から言葉をかけられて泣くこともあるが。
第七段
 正月一日、三月三日は、とてもうららかなのが。五月五日は、一日中曇っているのが。七月七日は、一日中曇っていて、夕方になって晴れた空に、月がとても明るく、星がたくさん見えているのが。九月九日は、明け方から雨が少し降って、菊の露もたっぷり、かぶせてある綿などもひどく濡れて、移り香もいっそう香りを高めて、早朝にはやんだけれど、それでも曇っていて、今にも降りそうな様子なのも風情がある。
第八段
 昇進のお礼を帝に申し上げるのっていいものね。下襲の裾を後ろに長く引いて、帝の御前に向かって立っていて、帝にお辞儀をして左右左と袖をひるがえして舞って、喜びを表すの。
第九段
 新内裏の東を、北の陣という。梨の木が見上げるほど高いのを、
「いく尋(ひろ)あるかしら ※一尋は両手を広げた長さ」  
 などと言う。権中将(ごんのちゅうじょう/源成信)が、 
「根元から切って、定澄僧都(じょうちょうそうず)枝扇にしたいね」  
 とおっしゃっていたが、僧都が山階寺(やましなでら/興福寺)の別当になって、そのお礼を申し上げる日に、近衛の役人として、この権中将がいらっしゃったが、僧都は長身なのに高い屐子(けいし)まで履いているので、おそろしく背が高い。僧都が退出した後で、
「どうしてあの枝扇をお持たせにならなかったのです」
 と言うと、
「よく覚えているな」  
 とお笑いになる。
「定澄僧都には短すぎるから袿(うちき)はない。すくせ君には長すぎるから袙(あこめ)はない ※すくせ君―不明」  
 と言った人って実におもしろい。
第十段
 山は、
 小倉山(おぐらやま)。鹿背山(かせやま)。三笠山(みかさやま)。このくれ山。いりたちの山。忘れずの山。末の松山。片去り山とは、
〈どんなふうに脇へ寄るのだろう〉  
 とおもしろい。五幡山(いつはたやま)。帰山(かえるやま)。後瀬の山(のちせのやま)。朝倉山は、歌に、
「昔見し人をぞわれはよそに見じ朝倉山の雲居はるかに」
 とあるように、「知らない顔をする」というのがおもしろい。おおひれ山もおもしろい。石清水八幡の臨時の祭の舞人などが思い出されるからだろう。  
 三輪の山は、おもしろい。手向山(たむけやま)。まちかね山。たまさか山。耳なし山。※歌によく詠まれる歌枕、名前のおもしろいものをあげている。
第十一段
 市は、
 辰の市(たつのいち)。さとの市。椿市(つばいち)は、大和(やまと)にたくさんある市の中で、長谷寺に参詣する人が、必ずそこに泊まるのは、
〈観音様のご縁があるのか〉
 と思うと、特別な感じがする。おふさの市。飾磨の市(しかまのいち)。飛鳥の市(あすかのいち)
第十二段
 峰は、
 ゆづるはの峰。阿弥陀の峰。いや高の峰。
第十三段
 原は、
 みかの原。あしたの原。その原。
第十四段
 淵は、
 かしこ淵は、
〈どういう底の心を見ぬいて、そんな名前をつけたのだろう〉  
 と、おもしろい。ないりその淵。誰にどんな人が、
「入るな」  
 と教えたのだろう。青色の淵はおもしろい。蔵人などの衣裳にできそうだから。かくれの淵。いな淵。
第十五段
 海は、  
 湖(みずうみ)。与謝の海。かわふちの海。
第十六段
 陵(みささぎ)は、
 うぐるすの陵。柏木の陵。あめの陵。
第十七段
 渡し場は、 しかすがの渡り。こりずまの渡り。みずはしの渡り。
第十八段
 たちは、たまつくり。(太刀なら玉造り、舘なら玉楼)
第十九段
 家は、
 近衛の御門(みかど)。二条。みかい。一条院も素晴らしい。染殿の宮(そめどののみや)。清和院(せがい)。菅原の院。冷泉院(れいぜいいん)。閑院。朱雀院。小野宮(おののみや)。紅梅殿(こうばいどの)。県(あがた)の井戸殿。竹三条院。小八条院。小一条院。
『源氏物語』ウェブ書き下ろし劇場Topへ
 
MACトップへ